読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リコ's travel diary

旅の記録

【インド編】デリーからダージリンへ

1月19日 AM8:00

無事、何事もなく朝を迎えられました。

フロントで朝食をとり、ドライバーを待つことに。

レセプションのおじさんが、なぜかカウンターから出て隣に座ってくる。

そして、インド人男性お決まりの5大質問をしてくる。

①名前は?

②年齢は?

③学生か?働いているのか?

④どこから来たんだ?

⑤彼氏or夫はいるのか?

 

まあどれも適当に流せばいいのですが、5つ目に続くこれまたお決まりの質問があって。

「彼氏がいるよ」と答えると必ず「何人いるんだ?」と聞かれます。

「1人」と答えると、「1人しかいないのか?!それじゃあインド人の恋人も必要だろう!」と言われ口説きが続きます。(笑)

女性を口説く、というとイタリア人男性を連想しますが、イタリアよりインドの方がよほど口説き好きだと思う。

 

そうこうしてる間に、例のドライバーが迎えに来ました。

空港までの車中、「今度は俺の故郷に来てくれ、宿も何も心配しなくていいから~」と。そして「メールアドレスを教えてくれ」と言われたものの、昨日のやり場のない怒りから偽アドレスを教えました。ささやかな復讐。

 

30分ほどで無事空港到着。

やっとドライバーから、そしてデリーの呪いから解放されたのでした。

 

AM11:30  デリー発  航空会社:ジェットエアウェイズ

ランチはベジタリアンかノンベジタリアンで聞かれます。

ベジだとチキンカレー、ノンベジだとカレーではない魚料理に遭遇する確率が高かったです。

写真はチキンカレー、ダル(豆)カレー、チャパティ(薄いパンのようなもの)、ケーキでした。

f:id:likotheworld:20140119165850j:plain

 

PM13:50  バグドゥグラ着

f:id:likotheworld:20140119182256j:plain

ダージリンへの最寄はダージリンから南のバグドゥグラ空港です。

 

空港からダージリンのアクセスについて。

この情報がなかなかなくて、長時間空港で右往左往するハメになりました(^^;)

1月のダージリンはオフシーズン。観光客なんてほとんどいません。

お客の取り合いで空港を出た途端、ドライバーに囲まれます・・・

 

ダージリンへのオススメアクセス方法は2つ

①バグドゥグラ空港からタクシーに乗る(大きめでキレイな車が多い)

②近くのスィリグリーという場所まで行き(15分程度)、そこのバスターミナルから乗り合いジープに乗る

 

私は①で1000ルピー(交渉次第。ドライバーの言い値は800~1500ルピー)で交渉成立させました。

明るいうちにダージリンに到着できるなら②の方がはるかに安く行けるのでオススメです。観光客はいなくても、地元人が利用するのでジープは頻発しています。

私の場合、到着が18時過ぎで暗くなることと、ダージリンに到着してからホテルまでの道のりが不安だったため、①を選択しました。

 

ダージリンまでの道のりは約3時間。かなりの山道です。

カーブも多いので、車酔いしやすい方は酔い止めを飲んだ方がよいでしょう。

f:id:likotheworld:20140119195120j:plain

車内から撮った写真。かなり山の上の方まで来ました。

茶色の道路らしきもの、ここをひたすら上って行くのです。

 

山を上りきると、一度町に出ました。でもダージリンは更にこの先の町。

道路に見える線路は、世界遺産トイトレインの線路!今は一部運休しています。

f:id:likotheworld:20140119200712j:plain

 

そして18時半、やっとダージリンに到着。

日本で「HOTEL YUMA」を予約しておきました。

が、ホテルに到着するもなぜか「満室なので今日は泊まれません」とのこと。

な、なぜに~~~!?!?!?!?!

バウチャーを見せても満室なものは満室なので、目の前にある違うホテルに案内されるハメに。

明らかに、YUMAより微妙な雰囲気。。。お客さんの気配ないし・・・

部屋を見せてもらうも、寂れた雰囲気でやはり微妙。でもしょうがないのでここで1泊することに。

 

部屋は広い〇

しかし部屋の半分が全部窓のため、やたら寒い×

暖房がない×

電気がなかなかつかない×

シーツ汚い×

お湯がでない×

タオル、アメニティ一切なし×

 

ダメダメやん。。。

とにかく寒いので水シャワーは浴びられないし、浴びたところでベッドも汚いので着の身着のまま寝ました。

インド到着3日目、とことんツイてない日が続きます。