読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リコ's travel diary

旅の記録

【インド編】ダージリンからいざバラナシへ

1月22日

ダージリン最終日、キレイな朝日を見ようと思い、早起きしました。

フライト時間のタ関係上、サンライズを臨むタイガーヒルズツアーには参加できませんが、せめてダージリン駅からキレイな景色を見ようと思って。

駅からでも、こんなキレイにカンチェンジュンガ山とダージリンの街が見渡せるのです。(写真はサンセットを見に行った際のもの)

f:id:likotheworld:20140121204043j:plain

朝6:00、ホテルの玄関に向かったら…まさかのシャッターが降りてる(^^;)

防犯上は嬉しいのですが、結局外に出られず、ホテル内をうろうろして何とか山が見えるスポットを見つけ。。。

f:id:likotheworld:20140122100919j:plain

背景に雲がかかっているものの、山際はよく見え、何とか美しい景色を拝めました。

ダージリン、本当に美しい所だったな。

 

AM7:00 手配しておいたドライバーさんが迎えにくる。

バグドゥグラ(ダージリンの最寄空港)発のフライトがAM11:55だったため、空港まで3時間かかることを見ると7:00にダージリンを出ることになる。

空港までのアシが確保できるか不安だったので、日本で手配しておきました。

実際のところ、本数は少ないものの乗合ジープは走っていました。

また、初日空港からダージリンへのタクシードライバーが、「帰りのタクシーが必要なら、俺に連絡して」と言ってくれたので、ダージリンに向かう際にタクシーを利用するなら、帰りの分も併せてお願いしてしまうのが良いかと。

 

そんなこんなでバグドゥグラ空港に到着し、まずはコルカタへ。

フライト時間は1時間であっという間。ご飯は出ず。

2時間ステイののち、2時間かけてバラナシへ。こちらもご飯は出ず。

機内にメニューはあり、ちょっとしたスナックであれば購入できます。

17:00、バラナシ空港到着。

 

空港から市内まではおよそ30~40分。

18:00過ぎ、ホームスティするお宅へ到着しました。

自己紹介やお部屋の説明などをされ、21:00夕飯。

野菜ビリヤニ(炒飯のようなインド料理)とスパイシーな野菜カレーが出てきました。

とても美味しい!!

ひとまず、ホームスティ先のご飯が自分には合ってよかったです♪

子供たちとゲームをして遊び、23:00家族は就寝。

インド人は夜ではなく朝シャワーを浴びるのが一般的なようです。

 

ちなみに、部屋はとてもキレイだったのですが・・・

トイレに洋式便座はあるものの、紙がない。代わりにシャワーがついてる。

インドで暮らすということは、こういう部分含め、受け入れなければならん訳ですね。

 

ここでアドバイス。

どうしても受け入れられないなら、大量にポケットティッシュかトイレットペーパー持参してください。

私も最初はかなり抵抗があったものの、慣れてくると実は紙使うよりとても清潔ということがわかりました。トイレの度にシャワー浴びてるのと同じ訳なので。でも水で濡れたままの状態を皆がどうしているのかは未だ解明していません。多分気にせずパンツ履いてるんだろうけど。

ただ、シャワーの場合は良いものの、和式便器でバケツ&蛇口が設置されてる場合もあります。これは私もさすがに使えず、この場合はティッシュ対応していました。

これをうまく使うための解説サイトなんかも、探してみるとあるので、インドに行かれる際は事前に研究しておくとよいかもしれません。